埼玉(南浦和/東浦和)にある若島歯科医院では予防歯科を大切にしています。

tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間
歯科衛生士とは

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOME > 歯科衛生士とは

歯科衛生士とは

歯科予防処置の専門家

歯科衛生士というのは、歯科衛生士法にのっとっていえば「歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図る」職業であり、歯科医師とは別にある専門職です。

衛生士仕事風景1 歯科医師が行う治療行為の殆どはすでに虫歯や歯槽膿漏(歯周病)になってしまったものを処置することですが、それ以前に予防することが出来ればそれに越したことはないでしょう。つまり彼らは歯科予防処置の専門家であるといえます。
歯垢や歯石などを除去する行為も歯科衛生士がもつ技術のひとつです。いずれにしても人が歯を失う原因の殆どは、虫歯や歯槽膿漏(歯周病)で、多くの人が患うものなので、その予防行為は非常に重要視されています。

同時に、歯科医師のサポートも行います。
歯科治療は基本的に歯科医師を中心としたチームで行われていきますが、これらを補助し医師の指示の元、治療の一部を担当することなども彼らの仕事の一つです。
サポートという意味では患者とのコミュニケーション能力も求められており、医師と患者の橋渡し的な存在も担う事が多く、非常に重要なポジションとされています。

そしてもう一つ大きな役割が歯科保健指導です。
これは、患者自身にどうやって予防していけばいいかを指導することであり、歯の磨き方や口内のケアの仕方などを支援する行為です。それらに加え、食べ物の食べ方や噛み方、高齢者や要介護者に咀嚼や飲み込み力を強くする訓練を施す行為も彼らの仕事の一つとされています。特に人間の場合、永久歯が失われてしまってからでは遅いので、幼児期から適切な歯の磨き方などを知っておくことは重要とされており、小学校などで歯科保健指導を行っている現場は年々増えています。
虫歯や歯槽膿漏(歯周病)は生活習慣病であるため、とにかく治療よりも予防が先で、予防処置を本人たちが覚えることで虫歯や歯槽膿漏(歯周病)の発生を防ぐことが大事とされています。

ちなみに、歯科衛生士になるには、高等学校を卒業した後、専門の養成機関(専門学校や短期大学、大学)で歯科衛生士に必要な知識や技術を習得し卒業することで国家試験の受験資格を得て、その試験に合格しなくてはいけません。合格すると厚生労働大臣から免許証が与えられ晴れて歯科衛生士として登録されます。専門の養成学校は少し前までは2年制以上とされていましたが、現在では三年制以上とされています。

衛生士仕事風景2 勘違いしやすいのは歯科助手との違いで、歯科助手は受付事務や治療のための雑務を担当する仕事であり、国家資格があるわけではありません。歯科助手になるためには、たいていスクールなどが独自に作った資格を1~2年かけて学んでいるというケースが多いですが、歯科助手になってから専門的に歯科衛生士を目指す人も多いと言われています。
歯科助手では、当然医療行為を行うことは許されていませんし、勤続年数が長いからと言って歯科衛生士の受験資格が得られるわけでもありません。(給料からいっても、歯科医師のほうが平均して安い傾向にあります)
ちなみにそれでも、歯科助手が必要なのは、国内の歯科衛生士が不足しており、その穴を埋めるために必要とされ続けています。逆に言えば歯科衛生士は非常に需要が高いとされている職業であり、一生働ける仕事の一つとして名前が上がることも多いです。

また彼らの活躍の場は、歯科医療所や病院が中心ですが、それ以外にも活躍の場を広げているのが現状です。幼稚園や学校、保険所や企業、老人介護施設など多くの場で活躍しています。

また国家資格を取得しているため、結婚や出産などで一時的に離職しても再就職しやすいというのもポイントの一つです。歯科助手では再就職できないというわけではありませんが、生活が安定しているという意味では、一歩リードしていることでしょう。

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る