埼玉(南浦和/東浦和)にある若島歯科医院では予防歯科を大切にしています。

tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間
歯をできるだけ削らないMI治療について

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOME > 歯をできるだけ削らないMI治療について

歯をできるだけ削らないMI治療について

歯をできるだけ残す方法を考える治療

多くの歯科で広がっている治療方法にMIという治療方法があります。
MIというのはMinimal Interventionの略称であり、最小限の侵襲という意味になります。厳密には治療法というよりも歯をできるだけ残すようにしようという考え方ととらえるとわかりやすいのではないでしょうか。

* ほとんどの人が歯医者での治療を経験したことがあるでしょう。その際に思った以上に歯を多く削られて不満に感じた経験はないでしょうか。
実際に昔の歯科治療では虫歯の取り残しを防ぐために正常な部分まで削ったり、銀歯などの詰め物や被せ物を取り付けやすくするために必要以上に多く歯を削っていたのです。
また、同じところが虫歯になってしまうとさらに削る範囲が広くなり、痛みからいずれは神経をとることになります。すると歯がもろくなって最終的に歯を抜くことにつながってしまうのです。
歯は皮膚などのように再生することがない組織です。そのため、一度削ってしまうと二度と再生することはできません。人工的な歯を使った治療も進歩していますが、現在でも天然の歯に勝るものはありません。
MI治療では歯を削る量を出来るだけ少なくし、今ある歯を大切にする治療を行ってもらうことができます。

では、MI治療のメリットとデメリットについて説明します。
メリットは歯を削る量が少ないため自分の歯を守ることが出来るということです。
神経も出来るだけ残すようにするため歯がもろくなりにくく長く元気な歯を維持することが出来ます。また歯槽膿漏(歯周病)手術を行うことが少なくなるため、歯茎を切り取ることがなくなり、歯茎がやせることを防ぐことができます。
低侵襲な手術なため、必要な麻酔も少なくてよいため、患者への体の負担が少なくてすみます。また、歯を大きく削ることがないため痛みを最小限に抑えることが出来ます。
MIに対して優れたイメージを持ってもらったと思いますが、治療効果をしっかりと出すには患者側の理解が必要に点もあります。
MI治療では虫歯の質であったとしても再発の可能性がないところであればできるだけ残すようにします。そのため、詰め物の接着性が弱くなるため、詰め物が取れることがあります。また神経の免疫力や回復力が十分に働かずに痛みが出る場合もあります。また歯槽膿漏(歯周病)手術を行わないために治療回数が増えることがあります。
これらの点は歯科医師から十分に説明を受け、納得した上でMI治療を選択することが大事です。

MI治療では独自の検査を行います。一つ目はダイアグノデントというレーザー診断機器です。レーザー光をあてその反射を測定することで目視では発見できない歯質変化を発見できます。歯の溝などの小さな虫歯などの初期虫歯の発見に非常に有効な機器です。
またカリエスチェックという虫歯検知液を使用します。虫歯菌に感染してしまった歯質のみを染めてくれるので治療において削る部分を最小限に抑えることが出来ます。

治療には複数の機器が使用されます。
代表的なものはMIバーといわれるものです。歯を削る処置においてできるだけ細かく削ることが出来るように考案されたバーです。先端がダイヤモンドで出来ているものやステンレスで出来たものなどがあり、最小限の削除量でMI治療を行うことができます。
二つ目はスマートバーといわれるものです。このバーにはポリマーレジンという材料が使用されており、虫歯によって軟化した部分よりは硬く、健康な歯質よりはやわらかい素材のため、軟化した組織だけを削ることが可能です。
MIではレーザーを利用した機器も使用されます。レーザーは生体組織の水分が多い部分に反応します。虫歯によって軟化した組織は水分を多く含むため、選択的に虫歯部分だけを除去することが可能です。ほとんど無痛で行うことができます。

長く自分の歯を維持していくためにも、MI治療を行っている歯科を選択してみてはいかがでしょうか。

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る