埼玉(南浦和/東浦和)にある若島歯科医院では予防歯科を大切にしています。

tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間
むし歯が出来るまで

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOME > むし歯が出来るまで

むし歯が出来るまで

むし歯には原因があり、
原因によってむし歯は引き起こされると言われています

むし歯の原因には大きく分けて「ミュータンス菌」と呼ばれる「細菌」、炭水化物などの「糖質」、そして「(むし歯になりやすい)歯の性質」の3つの要素があります。
この3つの要素が重なってしまった時に、時間の経過を経てむし歯が発生すると言われています。

「むし歯の原因と進行のメカニズム」

むし歯の原因となるミュータンス菌と呼ばれる細菌は大きさが約1μm(1/1000mm)の球形状の細菌です。
ミュータンス菌は歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着して膜を作り、炭水化物などの糖質から栄養を補給して酸を作り出します。ミュータンス菌が作り出した酸が、歯の主成分であるカルシウム、そしてリンを溶かして歯をもろく、スカスカな状態にしてゆくのです。
ミュータンス菌が作り出す酸の材料となるのは、炭水化物などから摂取される糖質で、一日の中で食事と食事の間の間食が多い人や、あめ玉や清涼飲料水などの甘い食べ物や飲み物を食べたり飲んだりする習慣のある人は必然的に歯の表面がミュータンス菌が作り出した酸にさらされる時間が長くなってしまう為、どうしてもむし歯になりやすくなってしまいます。

歯が形成されていく時の環境の違いなどにおける個人差はありますが、歯のエナメル質や象牙質の状態が影響してむし歯になりやすい人もいます。
特に乳歯を持つお子様や永久歯が生えたばかりのお子様はむし歯になりやすいと言われており、オーラルケアが必要です。
むし歯になりにくい丈夫な歯を育てる為には、歯の土台となる部分に良質なタンパク質を、歯の補修機能である再石灰化の為に必要なカルシウム、リン、そしてまた、これらの成分が有効に機能する為のビタミンA、ビタミンC、ビタミンDなどの栄養素が重要となってきます。バランスの良い食事を心がける事でむし歯になりにくい歯を作りましょう。

むし歯はミュータンス菌と呼ばれる細菌が出す酸によって歯が溶かされて侵食される事によって引き起こされるのですが、歯みがきを怠って歯垢(プラーク)がついたままにしてしまうとミュータンス菌にとって格好の餌を与えてしまう形となるばかりではなく、歯垢が固まって歯石となってしまうケースも珍しくありません。
歯垢が歯石となって歯に付着してしまうといくら歯磨きで磨いても歯石は取る事が出来ない状態になってしまいますので、歯石取りを歯医者さんで行ってもらう以外に歯石を取る方法が無くなります。

* 「歯垢が固まって歯石となってしまえば虫歯になりにくい」などと勘違いしている人が居ますが、これは大変な誤りです。
歯石となった歯垢もまだ酸を作り出して歯を溶かして侵食していますし、歯石が歯に付着する事で歯の表面を磨けない状態となり、歯石と歯の間にどんどん酸が溜まってミュータンス菌が増殖していく事にも繋がってしまうのです。
歯石はむし歯ばかりではなく歯と歯ぐきの境目の歯周ポケットの部分や歯ぐき全体を酸や細菌によって侵食していくケースもあり、歯石を放置しておくと歯槽膿漏(歯周病)や歯槽膿漏にまで歯ぐきの状態が悪化してしまう事もあります。

むし歯は「C0」と呼ばれる軽いむし歯の段階であれば歯を削ったり処置を施さなくてもしっかりとした歯磨きで進行を食い止める事が出来ます。
しかし、「C1」以降のむし歯はエナメル質に穴が開いてしまっているので歯を歯医者さんで削ってもらい、詰め物やクラウンと呼ばれるかぶせ物をする治療を受ける以外に治す方法はほとんど無くなってしまうのです。
むし歯は「C2」、「C3」、「C4」の順に悪化してゆき、最終的には抜歯以外の処置を取る事が出来なくなってしまう事もあります。

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る