埼玉(南浦和/東浦和)にある若島歯科医院では予防歯科を大切にしています。

tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間
むし歯とはミュータンス菌によるものです

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOME > むし歯とはミュータンス菌によるものです

むし歯とはミュータンス菌によるものです

むし歯のチェックはこまめに行い、予防に努めましょう

歯に穴が開くことを一般的にむし歯といいます。
むし歯の原因を作るのはミュータンス菌と呼ばれるものです。
ミュータンス菌には酸を作る働きがあり、この酸には歯のカルシウムを溶かす力があります。そして溶かされた歯には穴が開きます。この状態がむし歯です。ミュータンス菌がどのように口内で働くかというと、まず歯に付着して歯垢を作り出します。そして口内に取り入れられる糖分を利用して酸を作り出します。この酸が歯の内部からカルシウムやリンを溶かし、歯の主要成分であるエナメル質に穴を開けてしまうのです。このような過程を経てむし歯が生じてしまうのです。

* このようにむし歯は歯の内部から生じることが一般的です。そのためむし歯があるにも関わらず、それに気づかないこともしばしば生じます。
カルシウムやリンが歯の内部から抜け出てしまうと、歯の内部はスカスカになってしまいます。しかし一気にカルシウムやリンが歯の内部から抜け出すことは滅多にありません。そのためできたてのむし歯は小さなものです。
中には変色がなく、穴も小さいために目立たないむし歯も存在します。このようなむし歯は自覚症状もないことがあり、注意が必要です。むし歯のチェックはこまめに行い、予防に努めるべきです。

むし歯の種類に初期むし歯と呼ばれるものがあります。
これはまだむし歯に成りたての歯のことで、歯医者で治療を受けなくても自力で修復が可能なむし歯です。この初期むし歯とは厳密にいうとミュータンス菌の影響によりエナメル質の内部からカルシウムやリンが多少溶け出ているものの、まだ穴が開くまでには至っていないむし歯のことです。
この初期むし歯を自力で治療するに当たり、大切なことがいくつかあります。まずは歯に付いた歯垢をしっかりと落とすことです。
歯に歯垢が残っているとミュータンス菌によって作られた酸が活発に働き、エナメル質の内部からカルシウムやリンがさらに溶け出してしまいます。この状態が続くと本格的なむし歯になってしまうために、歯垢の除去は必須です。

また唾液にはミュータンス菌が作り出した酸を中和する働きがあります。またエナメル質から溶け出したカルシウムやリンを歯の表面に戻す働きも有しています。
そのため唾液で歯を常に湿らせておくことは初期むし歯を治療する上で非常に重要なポイントとなるのです。
またフッ素にはミュータンス菌を抑制し、エナメル質を修復する作用があります。そのためフッ素が使用されているハミガキ剤を使用することも初期むし歯の治療に効果的です。

むし歯には自力では治療できないものもあります。
進行が進んでしまい、大きな穴が開いてしまったむし歯は歯科医に行って治療してもらうしか方法はありません。むし歯を放置しておくとミュータンス菌によって作られた酸がカルシウムやリンの排出を促し、歯に開いた穴がどんどん大きく、そして深くなります。そしてさらにむし歯が進行していくと穴は象牙質、そして神経にまで達するようになります。このような状況が激しい痛みを伴うむし歯を生じさせるのです。

穴が生じたむし歯は自力では修復が不可能なために、むし歯に気づいた場合はすぐに歯科医に行き、治療を行うべきです。むし歯の早期発見、早期治療は大きなメリットをもたらします。
まず穴が小さいむし歯は神経を刺激することがないために痛みを伴わない治療が可能です。また治療にかかる期間も短く、費用も安く済ませることができます。また治療した歯のつめ物や冠の周りには歯垢が付着しやすくなることがあり、これが新たなむし歯を生じさせてしまうこともあります。しかし早期治療を行っていればつめ物も小さくて済むためにこのような状況を回避できます。

とにかくミュータンス菌の働きを抑制するために歯をしっかりと磨いて歯垢を除去し、唾液で歯を湿らすことと定期的なチェックによって歯の健康を保つことができますので、これらの努力を怠ることがないようにしなければなりません。

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る