tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間

むし歯の治し方について

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOME > むし歯の治し方について

むし歯の治し方について

むし歯の進行段階によって治し方が違います

むし歯には何種類かの治し方があります。
歯医者さんは患者さんのむし歯の進行具合やむし歯の範囲、むし歯が出来てしまった歯の位置、そして患者さんのむし歯の治療法に対する希望などを汲み取り、総合的に判断した上でむし歯の治療法を選びます。

むし歯には「進行段階」が分かれており、それぞれの進行段階で治療法が違ってくるのが特徴です。

むし歯の進行段階には、

「C0」と呼ばれる「むし歯の菌が作り出した酸によって、歯の表面からカルシウムなどの成分が溶けだしてしまった状態。」が一番軽く、「C0」のむし歯は一般的なむし歯のイメージとは異なり、まだ黒ずんではおらず、歯に穴も開いていないのが特徴です。

そして、次の段階として、

「C1」と呼ばれる「歯の表面のエナメル質が溶け始めてしまい、歯にツヤが無くなり、薄いブラウン色になってしまった状態。」があり、「C1」のむし歯はまだ神経には到達していないので、患者さん自身が痛みなどの自覚症状を感じる事はありません。「C0」のむし歯は定期検診に行く事で、早い段階で発見する事が出来る可能性があるむし歯です。

さらに次の段階として、

「C2」と呼ばれる「むし歯が歯のエナメル質の奥の象牙質に達してしまい、歯に穴が開いてしまった状態。」となり、「C2」のむし歯はブラウン色から黒っぽいブラック色に変わり、外から見た場合でもはっきりとむし歯だと判別出来るのが特徴です。冷たい物や熱い物、酸度の強い酸っぱい物などがむし歯にしみるようになります。

そして、

「C3」と呼ばれる「むし歯が神経にまで達してしまい、ひどく痛むようになる状態。」となり、「C3」のむし歯はこの段階になると、歯茎から膿が出たり歯がもろくなって割れてしまったりする事も珍しくありません。「C3」のむし歯がさらに進行してしまうと「根尖性歯周炎」という炎症によって神経が死滅し、いったん痛みが消えてしまうケースがありますが、それはC4への進行の前段階に過ぎず、危険な状態の前触れです。

最後の段階として、

「C4」と呼ばれる「むし歯によって歯がほとんど溶かされてしまい、歯の根っこである歯根だけが残って神経が完全に死んでいる状態。」になります。「C4」のむし歯は歯根の先に膿が溜まってしまう「根尖病巣」が出来てしまう事もあり、口臭がひどくなる上に、歯ぐきの中の骨である歯槽骨も溶け始めてきます。歯ぐきを始めとして、ほほ、あご、リンパ腺が腫れ、痛みによって食事もままならなくなります。熱が出る事もあります。

「C0」の段階では適切な方法での歯みがきやフッ素の塗布などのオーラルケアだけでも歯を健康な状態に戻せますが、「C0」より悪化してしまった段階ではむし歯の部分を削って除去する治療が必要です。むし歯が「C1」「C2」の段階のうちは歯の神経の治療をする事はありません。しかし、神経まで達してしまった「C3」のむし歯では、歯の根っこである歯根を残す為に「根管治療」が必要になってきます。

このうち、歯の根や神経まで達している「C3」以降のむし歯はでは抜歯という手段もあります。しかし、抜歯はむし歯の治療ではなく「処置」という形となり、歯を抜いてしまう事で歯並びが乱れてしまったり他の歯に悪影響が出てしまう事もあります。

「抜歯」はあくまでも最終的なむし歯に対する「処置」であり、現存している歯を何とかして残そうとする治療が重要となってきます。
この「C3」以降まで進んでしまったむし歯の「歯を残そうとする治療」が根っこの治療である「根管治療」です。

「根管治療」は歯科治療としては一般的な治療ですが、目に見えない部分を治す治療でもあるので歯科医の腕が問われる治療とも言われています。
むし歯が進行してしまった時にすぐに抜歯しようとする歯医者さんよりも、出来るだけ「根管治療」を施して歯を残そうとする歯医者さんを選ぶ事をおすすめします。

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る