埼玉(南浦和/東浦和)にある若島歯科医院では予防歯科を大切にしています。

tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間
歯が抜ける主な原因の歯槽膿漏(歯周病)とは恐ろしい病気

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOME > 歯が抜ける主な原因の歯槽膿漏(歯周病)とは恐ろしい病気

歯が抜ける主な原因の歯槽膿漏(歯周病)とは恐ろしい病気

日本人が歯を抜かなければいけない原因
歯槽膿漏(歯周病)だと言われています

歯槽膿漏(歯周病)とは全く自覚症状がなく、知らない間に歯を支えている組織が破壊されてしまい、歯が抜けてしまう病気のことを言います。
歯槽膿漏(歯周病)またはこれを歯槽膿漏と呼びますが、これは歯槽膿漏(歯周病)菌により、歯を支えている組織の骨やはぐきなど歯の周りの組織が病気になってしまう事を言います。

歯槽膿漏(歯周病)ははじめのうちは歯肉炎という症状だけで、歯肉が炎症を起こしてしまい、出血したり腫れたりすることがありますが、ほとんどは痛みがないので、歯槽膿漏(歯周病)と気づかずにそのままほおっておく人が多いようです。
さらにその炎症が歯槽骨まで進みますと、歯肉の出血と腫れだけでなく、歯槽骨が破壊されてしまうのです。これを歯槽骨の吸収と呼びます。
歯槽膿漏(歯周病)はそこまで進んでしまいますと歯肉が減少し、歯の根っこの部分が露出してくるのですが、歯肉が腫れ続けている時は骨が吸収している事に自分では気づかない場合もあるようです。
その後、歯がぐらぐらと揺れるようになってしまい、そのうちに自然と歯が抜け落ちてしまうのです。歯槽膿漏(歯周病)の末期には自覚症状合ない事が多いので、歯槽膿漏(歯周病)の別名は静かなる病と言われる程です。

現在のところ、日本人の8割程度は歯槽膿漏(歯周病)にかかっています。
では、歯槽膿漏(歯周病)の原因とは一体どういったものなのでしょうか。
歯槽膿漏(歯周病)と虫歯の大敵は歯垢、いわゆるプラークと言われています。プラークは歯の表明に付着した黄白色のネバネバとした最近の塊の事を言い、バイオフィルムの一つです。このプラークは歯槽膿漏(歯周病)だけでなく、虫歯や口臭などの原因になっています。
この細菌の産生する毒素が歯槽膿漏(歯周病)の発生・進行に非常に大きく関わってきます。

このプラークをほおっておくと、さらに唾液中のリン酸やカルシウムが沈着してしまい、それが石灰化して歯石になってしまいます。これはまさに石なので、歯ブラシで除去する事が不可能です。それに、表面はざらざらとしていますので、その上にさらにプラークが付きやすくなってしまうという悪循環が起こります。
歯槽膿漏(歯周病)はまた、口の中だけでなく、全身に影響したりもします。
歯槽膿漏(歯周病)は歯が抜け落ちるだけでなく、心臓病や糖尿病、動脈硬化、脳卒中、早産などの原因にもなると言われています。
歯槽膿漏(歯周病)の原因は歯槽膿漏(歯周病)菌ですが、この菌が血を媒介として体の中に入って血栓を作ります。その血栓が脳卒中や心臓病の原因になってしまうのです。その他にも糖尿病や早産などの原因にもなる恐ろしい病気です。

このように、歯槽膿漏(歯周病)は歯が抜ける原因となっているだけでなく、他にも恐ろしい病の原因になっているという事はあまり世の中で知られていないのではないでしょうか。
ですので、歯槽膿漏(歯周病)は出来る限り予防する事が必要なのです。
歯槽膿漏(歯周病)によって歯が失われてしまいますと、歯を失った事で食べ物が噛めなくなってしまい、脳に味覚や噛む時の振動が伝わらないので、脳細胞への刺激が減ってしまい、認知症を発症させるリスクが格段に高くなります。
なので、歯槽膿漏(歯周病)によって歯がぐらぐらしたり、歯槽膿漏(歯周病)によって歯を失ってしまいますと、噛みづらくなるとか、噛めなくなり、認知症を発症するリスクが高くなってしまうのです。

歯槽膿漏(歯周病)の治療はもちろん必要ですが、歯槽膿漏(歯周病)によって歯が無くなってしまった後でも、歯医者さんで入れ歯を作ってもらうなどして噛めるような状態にしておくことが必要です。

入れ歯専門サイトはこちら

また、最近では歯槽膿漏(歯周病)が排出する毒素が脳に影響すると言われ、歯槽膿漏(歯周病)が認知症を発症させるという報告もされています。

* では、歯槽膿漏(歯周病)の予防はどういったことをすればいいのでしょうか。
これには歯のクリーニングをすることです。
プラークには食べかすや唾液、口の中の最近が混ざり合ってネバネバし、歯の表面に付着し、菌膜を作っていきます。
細菌の塊なので、歯槽膿漏(歯周病)だけでなく、虫歯や口臭の最大の原因になります。
歯というのは28本生えていて、これらの一本一本を表面や歯間、歯と歯肉の境目の溝である歯周ポケットまでしっかりとブラッシングする必要があります。
丁寧にプラークをとり除くことが必要なのです。
歯槽膿漏(歯周病)と歯が抜ける原因について書いてみましたが、お分かりになっていただけましたか。歯槽膿漏(歯周病)を防いで歯を健康にする事こそが、長生きの秘訣だと言っても過言でないでしょう。

インプラント専門サイトはこちら

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る