埼玉(南浦和/東浦和)にある若島歯科医院であh歯科医衛生とドクターの相互連携による歯槽膿漏(歯周病)治療を行っております。

tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間
歯槽膿漏(歯周病)治療

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOME > 診療案内 歯槽膿漏(歯周病)

チーム医療体制と専門分野について

当院が大切にしているチーム医療という考え方は、歯槽膿漏(歯周病)という分野においても徹底されています。今日の細分化された医療現場では、ドクターだけで治療を行っていてはとても最善の治療が提供できるわけではありません。

当院では、歯槽膿漏(歯周病)に関してもベテランの歯科衛生士が
経験を活かし、ドクターとの相互連携において歯槽膿漏(歯周病)治療に
あたっています。

こんなお悩みはありませんか? 歯茎が腫れている気がする 歯茎に違和感がある 歯磨きをすると、血が出てしまう 口臭が気になる
それらは歯槽膿漏(歯周病)に罹患している可能性が高いです
そして歯槽膿漏(歯周病)は歯が抜ける一番の原因となる病気です
歯槽膿漏(歯周病)治療

本当だったら残せる歯をこのまま放っておくと抜かなければならないかもしれません。
歯槽膿漏(歯周病)は、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、いつの間にか症状が進行してしまい、放置しておくと歯の周りの骨まで溶けて膿が溜まり、最悪の場合、抜歯しなければならなくなります。
歯槽膿漏(歯周病)を早期に治療し、できるだけご自身の歯を残していきましょう。

「最近なんか歯にものがつまるな」と思ったら、歯槽膿漏(歯周病)が進行している可能性があります。

歯槽膿漏(歯周病)は、歯肉の中にあって歯を支えている骨(歯槽骨)が減少してしまう病気です。支えを失った歯はやがて抜けてしまいます。
歯科医師であっても、レントゲン画像を見なければ気づかない場合もあるため、また、痛みなどの自覚症状がないため、気付かれずに進行するリスクが高いことが特徴です。
ある程度進行すると、歯肉がやせる、下がる、などの症状があらわれ、食べ物がはさまりやすい、など生活にも支障をきたすようになります。

歯槽膿漏(歯周病)は、初期段階であれば治ることが知られています

歯茎の周りに汚れがたまっている程度なら、数回の治療で治すことができますが、膿が出ている状態が何年も続いている場合は、治すことは難しいでしょう。何か違和感が生じた場合は、痛みがなくても歯科医院を受診することで、歯槽膿漏(歯周病)を予防することができます。

一度でも重度の歯槽膿漏(歯周病)になってしまうと、治療に何ヶ月も要し、最悪の場合、外科治療により、歯の根元にこびりついている歯石を手術によって取り除いたり、腫れて腐りかけている歯茎を除去して健康な歯茎を再生する手術をする場合もあります。

少しでも歯茎に異変を感じたら、当医院までご相談ください。

歯槽膿漏(歯周病)から歯を守る、プロフェッショナル

歯槽膿漏(歯周病)治療を長年行ってきた当院では、レントゲン画像を見て歯を支える骨の状態を把握する技術を徹底的にトレーニングしています。

歯槽膿漏(歯周病)から歯を守り、歯を残すための治療を行うことを専門分野としています。この歯は何年くらいもつのかをレントゲンを見て予測し、指導することも行っています。

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る