埼玉(南浦和/東浦和)にある若島歯科医院では、歯科医衛生士による丁寧な治療と説明で将来的なお口の健康をお守りします。

tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間
予防歯科

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOME > 診療案内 予防歯科

皆さん人類史上最も感染者の多い病気をご存知ですか?答えは歯槽膿漏(歯周病)です

歯槽膿漏(歯周病)は、人類史上感染者数が最も多い病気なのです。
ギネスブックにも掲載されているほどです。
日本国内では、約331万人(厚生労働省『平成24年 患者調査』)が罹患していると言われています。そんな国民病の歯槽膿漏(歯周病)は、お口だけへの影響にとどまりません。

歯槽膿漏(歯周病)と全身疾患の関係

メタボリック・ドミノ

医学の上流に位置する歯学。メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の発生をさかのぼると、栄養摂取に関わる咀嚼や咬合機能、そして重要な口腔内細菌の影響へとたどり着く。
GC arde No.132 2010-2臨床座談より引用

メタボリック・ドミノとは、生活習慣病の負の連鎖をドミノで表したものです。つまり、生活習慣病は軽度から始まり、ドミノのように倒れて、最終的には重度になるということです。

ドミノと同じように生活習慣病も一度倒れたら、途中で止めることが困難です。

下図のように、歯槽膿漏(歯周病)によって悪影響と及ぼす全身疾患は多く存在します(下図一部)。
健康な人生を送るためにも、お口から健康の事を考えていかなければなりません。

歯槽膿漏(歯周病)は全身疾患を引き起こします

お口の健康を維持することが人生を健康に過ごすために重要だとするならば、歯が痛くなってから歯医者さんに行くのではなく、定期的に通ってメンテナンスすることが大切になります。

では、現状どれだけの人が定期メンテナンスに通っているのでしょうか。

定期メンテナンスの重要性と日本の口内意識

下図は、各国の定期メンテナンス通院率と80歳になったときの平均残存歯を表したグラフです。
日本が如何にお口に気を遣っていないのか、定期メンテナンスがどれだけ重要なのかをご理解いただけるかと思います。

北欧やアメリカでは、歯医者さんは痛くなったら行く場所ではなく定期的に通う場所です。

歯医者さんに定期メンテナンスで通う方が生涯かかる医療費が、定期メンテナンスに通わない人よりも安くなるという結果も出ています。

各国の定期的に歯科健診・クリーニングを受けている人の割合は、日本は圧倒的に少ないのです

定期的に歯医者さんに通いましょう!健康はお口から守りましょう!

歯科医衛生士による丁寧な治療と説明

将来的なお口の健康をまもるため、専門家が予防に関する治療やアドバイスを致します。ブラッシング指導や歯石除去、お子さまには、シーラントやフッ素塗布も行います。
今まで繰り返されてきた修繕治療の悪循環をなくすため、あるいは、生涯のお口の健康を守るために、一番大切なことは「予防」だと考えます。
お口の中の治療はもちろん、お口のお手入れ方法を身につけていただき、清潔な歯ぐきと健康を手に入れていただきたいのです。

歯質強化によるむし歯予防(フッ素洗口)

フッ素入りの洗口液で口をすすぐことにより、歯の表面にフッ素イオンを作用させ、歯の質を強化するむし歯予防の方法です。永久歯の萌出時期を通じて、継続して実施することにより、エナメル質表層のフッ素量を増加させ、歯質を強化します。 

フッ素の効果!
  • フッ素は歯の表面から取り込まれ、歯を酸に強くします。
  • ごく初期のむし歯は、カルシウムが沈着すると治りますが、
    フッ素はこれを助けます。
  • フッ素はむし歯菌の活動を抑えます。

シーラント(咬合面の裂溝填塞によるむし歯予防)

奥歯の咬む面には深い溝があります。食事の際、この溝に食渣が詰まりやすく、溝の深い部分は歯ブラシがうまくあたらないため、磨き残してしまうことがあります。こうした磨き残しにむし歯菌が集まり、この溝の部分からむし歯になるケースがよくみられます。

そこで、むし歯になる前に歯の溝をプラスチックやセメントなどの材料で埋めてしまいます。

これにより、溝の奥に食渣が残る事が無くなり、ブラッシングもしやすくなるので、むし歯予防に有効です。このような処置をシーラントといいます。

シーラント

歯垢・歯石の除去

歯槽膿漏(歯周病)は、歯や歯ぐきについた歯垢(口の中の細菌と細菌が産生した糖類と混ざり合った白くネバネバしたもの。最近ではバイオフィルムともよばれています。)により、歯ぐきや歯を支える骨に炎症が生じ、それらの組織が壊される病気です。
歯垢に唾液中のカルシウムやリン酸が沈着して石灰化すると、石のように硬くなります。これが歯石です。

歯槽膿漏(歯周病)の予防・治療には、歯垢と歯石の除去が不可欠です。

歯垢・歯石の除去 歯垢は、ご家庭での毎日のブラッシングにより除去が可能ですが、手技に多少の訓練が必要です。染め出し液を用いて歯垢の溜まりやすい場所を確認してブラッシングするのが有効です。歯石は、ブラッシングのみでは絶対に除去できません。歯科医院でスケーラーとよばれる専用の器具で除去します。

PMTC(プロフェッショナル・メニカル・トゥース・クリーニング)

歯の色が悪くなってしまう原因は、ご自身の手入れが悪くて…という場合も少なくありません。歯の表面に付着したタバコのヤニや茶しぶ、歯石により、歯の表面の色が変色してしまっているというケースがあります。こういった場合には、いくら頑張って歯を磨いても効果がありません。
歯垢・歯石の除去 歯科衛生士らによる専門的な技術と器具を用いたクリーニングが必要です。このような歯面清掃作業をPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といいます。歯の汚れを取るだけでも、見違えるように白くきれいになり、むし歯や歯槽膿漏(歯周病)の予防にもなるのです。

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る