埼玉(埼玉県/さいたま市)にある若島歯科医院からのお知らせ。

tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間
新着情報

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOMEお知らせ > 歯ぎしりの周囲への影響

2016.12.13

歯ぎしりの周囲への影響

歯ぎしりをしている人は、歯ぎしりをしている自覚がありません。しかし、歯ぎしりが治ったことで、寝起きが悪かったのが比べものにならないくらい寝起きが良くなるなどのメリットがあります。歯ぎしりは、治らないと諦めていると歯にどんどん負担をかけてしまうことになります。歯ぎしりが歯や歯茎などの周囲に及ぼす影響についてご案内しますので、参考にして下さい。

睡眠中に、無意識に行っていて、歯や歯茎にダメージを与えているのが、歯ぎしりです。歯ぎしりというと、ちょっと癖と片付けられがちですが、様々な問題を引き起こす原因となっています。

睡眠中の歯ぎしりは、60kg~100kgも奥歯にかかっていると言われています。煎餅を噛む時は、歯に10kg~20kgの圧力がかかっていますが、その6倍もの圧力がかかっていまるのです。仕事でのストレスや、受験生などが睡眠中に歯ぎしりを無意識にしてしまう傾向があります。

〇歯ぎしりが引き起こす問題

①歯が削れる
※酷い場合は、歯の神経が出てしまう程、歯が崩れてしまうケースもあります。

②歯の根元が砕ける

③詰め物や歯が割れる
※睡眠中の歯ぎしりは、無意識におなうために、力を加減することが出来ないので、歯に相当な圧力がかかるのです。

④歯茎が傷む

⑤歯を支えている骨がダメージを受ける
※歯ぎしりの圧力は、歯だけでなくその先の歯茎や骨にまで影響があります。

⑥顎が傷む

⑦肩凝りや偏頭痛になる
※歯ぎしりが酷くなると、顎関節症や肩凝り、頭痛といった全身の症状を引き起こすことがあります。

睡眠時の歯ぎしりは、歯医者で専用のマウスピースを作製して、ダメージを抑えることが出来ます。また、上の歯と下の歯に無意識に手を当てている方がいます。例えば、頬杖を付いてしまうのが癖になっている方や、何もないのに歯を食いしばるのが癖になっている方は癖を治すだけでも顎関節症を改善することが出来ます。口を大きく開ける練習や、顎の筋肉のマッサージなども有効な改善方法です。

東浦和にある歯医者は、噛み合わせ治療に力を入れている歯医者がたくさんあります。東浦和のどの歯医者にいったらよいのか分からないという方は、東浦和にある若島歯科医院がお勧めです。若島歯科医院は、アメリカで採用されているチーム医療を導入し、各分野の専門医と連携して高度な治療を行っている歯医者です。歯ぎしりが気になるという方は、歯ぎしりだけでなく、歯列矯正なども含めたタートルの治療について相談することが出来ます。東浦和で、ご家族の歯ぎしりに悩んでいる方は、歯医者で治療を受けましょう。

お知らせ一覧へ戻る

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る