埼玉(埼玉県/さいたま市)にある若島歯科医院からのお知らせ。

tel:0120825418
予約・お問い合わせ受付時間
新着情報

南浦和・東浦和の若島歯科医院 HOMEお知らせ > むし歯ができやすい時期とは

2016.12.21

むし歯ができやすい時期とは

虫歯は年齢に関係無く、一生ケアを行う必要のある病気です。年齢が進むにつれ、抵抗力が落ち、虫歯の他にも歯周病や歯槽膿漏など様々な口腔内の病気のリスクが高まりますが、東浦和の歯医者でも日々のブラッシングやフロスなど日常でのケアを推奨しています。こうした虫歯は、口腔内のミュータンス菌を代表とする虫歯菌が、糖類を餌として増殖し酸を放出することで進行するので、ブラッシングによるケアや間食を控えるなどごくごく日常的な気付きで大きく予防することが出来ます。しかし、東浦和の歯医者でも見られることですが、こうした虫歯の発生リスクに年齢的な傾向が表れることがあります。冒頭に虫歯は年齢に関係なく発生すると書いたので、矛盾するように思えてしまいますが、医学上の虫歯リスクの違いとしてではなく、東浦和の歯医者でも年齢毎の生活習慣の違いによって、虫歯のリスクが変化することが見られます。ここではそんな、虫歯が出来やすい時期について、東浦和の歯医者の例を元に検証していきましょう。

東浦和の歯医者では、主に中学生から高校生にかけて虫歯の発症リスクが高くなることが知られています。男女ともに思春期にあたる時期になりますが、顕著な傾向として東浦和の歯医者でも虫歯を発症する子供が多くなる時期となります。先に述べたように、虫歯の発生する理由は口腔内のミュータンス菌と糖類などを含む口腔環境によって左右されると書きましたが、中学生から高校生までの年齢は、こうした虫歯予防のケアが疎かになりやすい時期であると言えます。東浦和の歯医者でも中高生を対象に、予防歯科の指導などを行っていますが、中高生になると生活環境が激変しています。親の監視を離れ、交友関係も激変する時期になりますが、砂糖を含むお菓子や清涼飲料水などを自分のお小遣いなどで購入することが出来るので、日常的に虫歯リスクを抱えてしまうことになります。また小学生など小さな子供には親も歯磨きの指導などを行いますが、思春期になるとそうした親の指導も行い難くなるので、ますます虫歯のリスクは高まってしまいます。個人レベルではなく、東浦和の歯医者でも大きな傾向として思春期の虫歯リスクが高くなることが観察されますが、予防としてはやはり定期的な検診と指導が求められます。中高生になり、100%親の監視下で指導するということは困難ですが、東浦和の歯医者では定期検診などを積極的に推進しているので、数ヶ月に一度検査を行うだけで初期虫歯の発見や歯磨きの指導など、多くの点で虫歯のリスクを下げることが可能です。ぜひ東浦和の歯医者を積極的に活用して、子供の虫歯の予防を徹底して下さい。

お知らせ一覧へ戻る

WAKASHIMA DENTAL CLINIC

若島歯科医院

若島歯科医院

〒336-0015
埼玉県さいたま市南区
太田窪2926
TEL. 048-885-4156

tel:0120825418
診療時間

土曜は9:00〜15:00 まで

休診日/日曜・祝祭日・木曜日

大型駐車場を完備
ページの先頭へ戻る